渉外家事問題: 国際結婚・離婚 国際養子縁組・離縁

Q1: 国際的な家族関係の問題で困っています。どうすればよいですか?

A1: 日本人が、外国人と婚姻し、離婚し、養子縁組し、離縁するなどのとき、これら事務処理の方法を法的に理解するためには、国際裁判管轄、準拠法、法律関係の法性決定など複雑な事項がかかわってきますので、簡単に説明することや一般化することはなかなか容易ではありません。結婚や養子縁組は、まだそのうち比較的容易に解決することができますが、離婚や離縁ともなりますとかなり複雑で、当事者だけでは思うようにスムーズに事務処理を進めることができないことが多々あります。

  国際私法・国際家族法に精通しいる実務経験豊富な法律専門職である当事務所にご相談ください。

  当事務所は長年の経験を生かして、各国の法令等を調査して正確に解釈し、必要な書類を集め、アドバイスし、各種の法律上の手続を代行します。裁判の手続が必要なときは、弁護士と協同して事務処理に当たります。

渉外家事問題: 国際結婚・離婚 国際養子縁組・離縁

Q2: 国際的な家族関係の問題が解決すれば、それですべて安心ですか?

A2: そうともいえません。 渉外家事問題を解決しても、外国人には入国管理の手続・在留審査等の別の法的問題が残っているのが普通です。身分に基づく在留資格を許されている場合は、身分の変動により、在留資格変更を考慮しなければならないケースが多数存在します。安心して生活するためには、事前に在留資格のことを考えた上で、渉外家事問題を解決するべきです。

  当事務所は、入国管理局の入国・在留審査等の手続に精通しています。ぜひ、当事務所にご相談ください。

入国・在留審査, 在留資格変更

 当事務所では、在留資格に関する問題、国際的(渉外的)な、婚姻に関する問題、離婚に関する問題、出生・認知に関する問題、養子縁組・離縁に関する問題、国籍に関する問題、遺言・相続に関する問題、などにかかる法律事務を専門的に取扱っています。

 証明書の英文翻訳認証や、日本国外務省の公印確認・アポスティーユ等の事務処理も取扱っています。

報酬額の目安: 渉外家事問題・国際家族法の事務処理について

       100,000円程度(税・経費別)~


お問合わせ・ご相談はお気軽に。

お問合わせはこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加