コンプライアンス一覧

平成29年上半期 来日外国人犯罪情勢

警察庁 平成29年上半期における 組織犯罪の情勢(PDF)  来日外国人犯罪の検挙件数は 8,327件(前年同期比 23.1%増)、検挙人員は 5,193人(同8.0%増)でいずれも前年同期より増加。総検挙状況を国籍等別にみると、総検挙、刑法犯、特別法犯のいずれも中国およびベトナ・・・

外国人向けの SNSを通じて他人の預金通帳やキャッシュカードを不正に買いとったとして摘発された事例

産経  買いとった預金通帳やキャッシュカーを特殊詐欺の組織などに転売していた他、同様に通帳やキャッシュカードの不正転売をするグループの「指示役」をつとめていた、と。  このように、遵法意識の低い留学生や技能実習生などから預金口座をどんどん買いとるので、特殊詐欺に悪用される預金口座・・・

技能実習生にパワハラ うつ病発症で労災認定

SankeiBiz  記事によると、「上司から『アホ』『死ね』などの暴言を含むパワーハラスメント(パワハラ)を受け鬱病になった」とのことである。  技能実習生は、外国から日本へ仕事の仕方などを学びに来ているのだから、現場でバリバリ一人前に働くことができないのが当たり前なんだが・・・・・

労働局・労働基準監督署が監督指導を行った外国人技能実習生受け入れ企業の 7割で労基法違反

厚生労働省 外国人技能実習生の実習実施機関に対する平成28年の監督指導、送検等の状況を公表します 外国人技能実習生の実習実施機関に対する監督指導、送検等の状況(平成28年)(PDF)  監督指導を実施した 5,672事業場(実習実施機関)のうち 4,004事業場(70.6%)で労働基準・・・

寄港したクルーズ船から失踪した集団密航者を車に乗せて運んだとして収受・輸送した者が摘発された事例

毎日  寄港したクルーズ船から外国人が失踪するケースが相次いでいる。本件は、そのような集団密航者を車に乗せて運んだという嫌疑による摘発である。関係先で不法残留者が多数摘発されているもようでもある。 入管法(抜粋) 第七十四条 自己の支配又は管理の下にある集団密航者(入国審査・・・

復興特需・家屋解体で不法残留者を雇用・使用したとして不法就労助長で会社役員らが摘発された事例

産経 毎日  記事によると、使用されていた不法残留者らは元々が「留学」や「技能実習」の在留資格であったもよう。人手不足の現状は気の毒ではあるが、逮捕された役員らは当該不法残留者らを「アパートに住まわせる」などしていたというのであって、「在留期間を過ぎていたとは知らなかった」という・・・

警察官に偽造在留カードを提示するなどして摘発された事例

岩手日報  素人さんに対して提示するならまだしも、法の番人たる警察官に対して偽造在留カードを提示してしまってはインチキが露見するなど当たり前の話でして(^_^; しかるべく現逮となったもよう。被疑者としては、積極的に提示するつもりはなかったけど状況的に提示せざるをえなかったということな・・・

「技能」の在留資格でありながら資格外活動許可を得ずに白ナンバーの車を運転し観光客を観光地やホテルに送迎するなどしたとして会社員らが摘発された事例

琉球新報  当該会社員は無許可の資格外活動で、その雇用主は不法就労助長で、それぞれ逮捕された。また、白ナンバーの車を運転して観光客を観光地やホテルに送迎するなどしたという点については、「白タク」とか「地下タクシー」とかの部類で道路運送法違反の嫌疑がかかるだろう。 道路運送法 ・・・

相次ぐ「略式不相当」 留学生に対する不法就労助長

産経  留学生の就労には規制があるのを知りながら法定時間を超えて働かせる。利益追求のためであれば、働かせた留学生が処分を受けても仕方ないという姿勢なら、それは「悪質である」と判断されても不思議ではない。  参考: 不法就労助長事件など 「略式不相当」相次ぐ

外国人の偽僧侶が訪日外国人観光客を狙って数珠やお札を販売するなどして無許可の資格外活動の嫌疑で摘発された事例

NHK  罰当たりというか、ロクなことしよらんな(-_-;  「短期滞在」の在留資格で就労活動をしているから無許可の資格外活動ではあるし、記事にあるように僧侶の格好をして「寺の建立を支援してほしい」と表示されたカードをみせて相手方を欺罔し、それを信じた相手方が偽僧侶に金銭を交付してい・・・

不法就労助長事件など 「略式不相当」相次ぐ

読売  公開の正式裁判になると、不正が詳細に表沙汰になって、ブランドが毀損され売上が減少する、ますます人材が集まらなくなる、取引先が離反する・・・など、安易に「楽な経営」に流れていると、企業価値が大きく傷つくことになる。経営者の責任を追及する株主代表訴訟などにもつながりかねない。記事と・・・

留学生が組織的な万引きで摘発された事例

毎日  「司令塔」が外国にあって「帰国者」を運び屋に仕立てる流れは、技能実習終了者による携帯電話の詐取とほぼ同じ手口である。  このような犯罪組織はいくつもあるだろうし、外国にある本尊が摘発される可能性は低いし、悪銭をよく稼ぐことができるだろうから、いくら末端を摘発してもこの種の犯罪・・・

パワハラ認定 385万円賠償命令 金沢地裁

産経  裁判所は、加害者側に「いやがらせ行為」があったことは認定したものの、「内部告発との因果関係については言及しなかった」ようだ。勤務先に対しては、パワハラを認識していたにもかかわらず「環境改善に具体的な対応をしていたとはいえない」と判断したもよう。

外国人が、在外日本人になりすまして日本国旅券の発給を受けて不法に本邦に入国・在留し、不正に住民登録などを行った上で国民健康保険証を詐取したなどという嫌疑で摘発された事例

産経  めずらしい摘発事例で、大阪府警のお手柄。もっとも、被疑者の容姿が血統的な日本人風であればなかなか露見しそうにも思われないので、ブローカの関与などもあるようだから、本件などは氷山の一角に過ぎないのであろうと思われる。本件は、目的の違いはあろうが、「戸籍ロンダリング」や「背乗り」な・・・

訪日外国人向けの性風俗店において留学生を働かせたなどとして経営者らが不法就労助長の嫌疑で摘発された事例

産経  留学生を働かせたというにとどまらず、在留資格「短期滞在」で上陸した外国人女を繰り返し働かせるなどしていたようだ。  留学生は、アルバイトをするための資格外活動許可をえていても、風俗店で稼働することは許されていない。 入管法 抜粋 (活動の範囲) 第十九条 別表第・・・

留学生に強制労働をさせたとして日本語学校などを経営する法人と経営者らが摘発された事例

西日本  留学生との間で、日本語学校に通いながら介護施設などで働くという「留学」と「労働」が一体となった契約を締結し、賃金から入学金や授業料などを控除するほか、退学すると留学生が違約金を支払わなければならない設計にして、留学生を強制的に就労させていた嫌疑があるようだ。 労働基・・・