外務省 ベトナムとの在留資格「特定技能」を有する外国人に係る制度の適正な運用のための基本的枠組みに関する協力覚書(MOC)の交換

ベトナム, 特定技能に関する二国間の協力覚書, 送出機関 外務省
ベトナムとの在留資格「特定技能」を有する外国人に係る制度の適正な運用のための基本的枠組みに関する協力覚書(MOC)の交換

 在留資格「特定技能」については、「外国人技能実習制度」とは枠組みが異なるので「送出機関」の経由がそもそも必要ではない。ところが、本件特定技能に関する二国間の協力覚書(仮訳)をみるところ、最も多くの「特定技能」労働者を供給するであろうと思われるベトナムに限っては次のとおり特別な取り扱いをするようである。
原則: 「送出機関」を経由しないと在留資格「特定技能」を利用することができない、
例外: (1)在留資格「技能実習 2号」または「同 3号」を修了したベトナムからの技能実習生等試験を 免除された者、
(2)日本国内において少なくとも 2年間の課程を修了してその証書を取得する学校を修了し、試験合格後に在留資格「特定技能」への在留資格変更申請を行ったベトナムからの留学生。