外国人観光客向け特別乗車券を偽造してこれを行使しようとしたとして摘発された事例

ジャパン・レール・パス, 偽造有価証券行使未遂, 詐欺未遂, 外国人旅行者, 短期滞在, コンプライアンス 読売
http://www.yomiuri.co.jp/national/20171212-OYT1T50093.html

JAPAN RAILWAY GROUP
JAPAN RAIL PASSとは?

 「ジャパン・レール・パス」の利用資格は、(1)外国から「短期滞在」の入国資格により観光目的で日本を訪れる外国人旅行者、(2)海外在住の日本人で、一定の条件を満たす者、ということになっている。

 本件に限っていうと稚拙なカラー・コピーをしたことから露見したのであるが、同様の事案のすそ野はかなり広そうに思われる。

刑法 抜粋
(偽造有価証券行使等)
第百六十三条 偽造若しくは変造の有価証券又は虚偽の記入がある有価証券を行使し、又は行使の目的で人に交付し、若しくは輸入した者は、三月以上十年以下の懲役に処する。
2 前項の罪の未遂は、罰する。

(詐欺)
第二百四十六条 人を欺いて財物を交付させた者は、十年以下の懲役に処する。
2 前項の方法により、財産上不法の利益を得、又は他人にこれを得させた者も、同項と同様とする。

(未遂罪)
第二百五十条 この章の罪の未遂は、罰する