来日外国人の刑法犯検挙件数引き続き減少 平成28年の犯罪情勢

外国人犯罪, 来日外国人犯罪, 犯罪インフラ, コンプライアンス, 刑法犯 警察庁
平成28年の犯罪情勢(PDF)

 来日外国人の刑法犯検挙件数は一貫して減少し、平成28年には同19年に比べて16,687 件減(64.9%減)となった。
 来日外国人の検挙件数を国籍・地域別にみると、ベトナムが最多となった平成27年を除く毎年、中国が最も多かった。検挙人員についてみると、毎年中国が最多である。