留学生の就労機会拡大策など 内閣府クールジャパン人材育成検討会

高度外国人材, ポイント制度, 留学生, 定住促進, クールジャパン 内閣府
クールジャパン人材育成検討会第 1次とりまとめ~クールジャパンビジネスの持続的発展に向けて~(PDF)

外国人材の活用・集積
留学生等外国人材の日本での就労機会拡大~留学生の受入れや就労の確保~
コンテンツ分野: 新たに審査基準を策定するなどし、本年 4月から留学生を受入れられる教育機関の対象を拡大。
・デザイン・ファッション分野: ファッション分野の教育機関を卒業した留学生の日本での就労について検討。
・日本料理: 「日本料理海外普及人材育成事業」における在留期間を、現行の「2年以内」から「5年以内」に延長するよう協議。

今後の主な対応
・クールジャパン関連の高度外国人材が「高度人材ポイント制」を活用しやすくなるよう検討。
・高等教育機関卒業後、日本で創作活動を行う外国人が、卒業してから就職活動を行う等の分野の特性により、在留資格の要件を満たすに至る以前に帰国せざるを得ないといった指摘について、実態を調査し、取り得る方策を検討。
・日本料理以外の食分野においても、調理師養成施設を卒業して調理師免許を取得した留学生が、一定の条件のもと、一定期間の就労を可能とすることについて検討。
・国内外の優れた人材の誘致に資するような質の高い教育を実施している外国の教育機関と我が国の大学の連携が、より円滑に推進されるよう、取組を進める。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加