留学生の許可された資格外活動を週28時間から36時間へ拡大する「特区」

留学生特区, 資格外活動許可, 国家戦略特区, 西日本
http://www.nishinippon.co.jp/feature/new_immigration_age/article/310236

 留学生の資格外活動が許されるのは、日本は物価が高いので、学業に支障がない範囲で生活費用等を補う目的で行うためのアルバイトをすることを許すのは差支えなかろう・・・という趣旨であろうから、奨学金を給付するなどして就労時間枠を縮減して学業に専念させようというのならまだしも、「人手不足解消」を目的に掲げて就労時間枠を拡大させようとするのは本末転倒、制度の趣旨を没却しかねないのではないだろうか。従来から、在籍教育機関が学則で定める長期休業期間にあるときは 1日について 8時間以内の就労が可能でもあり、こんなことをする必要があるのかどうか、はなはだ疑問である。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加