最判 養子縁組無効確認請求事件

最判 養子縁組無効確認請求事件, 節税目的の養子縁組の可否 裁判所
最判 平成29年 1月31日(PDF)

判旨:
相続税の節税の動機と縁組をする意思とは、併存し得るものである。したがって、専ら相続税の節税のために養子縁組をする場合であっても、直ちに当該養子縁組について民法 802条 1号にいう「当事者間に縁組をする意思がないとき」に当たるとすることはできない。

民法 抜粋
(縁組の無効)
第八百二条 縁組は、次に掲げる場合に限り、無効とする。
一 人違いその他の事由によって当事者間に縁組をする意思がないとき。
二 当事者が縁組の届出をしないとき。ただし、その届出が第七百九十九条において準用する第七百三十九条第二項に定める方式を欠くだけであるときは、縁組は、そのためにその効力を妨げられない。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加