宿の仕事を手伝わせて宿泊費を免除する、いわゆる「フリー・アコモデーション」を行ったとして宿泊施設の経営者らが不法就労助長で摘発された事例

人手不足, 外国人労働者, 無許可資格外活動, 不法就労助長, フリアコ, コンプライアンス 47NEWS
http://this.kiji.is/158733442565750785?c=39546741839462401

 在留資格「短期滞在」は、入管法別表第 1の 3に記載されている。入管法19条でいう「報酬」とは、本邦において行われる活動の対価として与えられる反対給付のことである。

入管法 抜粋
(活動の範囲)
第十九条 別表第一の上欄の在留資格をもつて在留する者は、次項の許可を受けて行う場合を除き、次の各号に掲げる区分に応じ当該各号に掲げる活動を行つてはならない。
(中略)
二 別表第一の三の表及び四の表の上欄の在留資格をもつて在留する者 収入を伴う事業を運営する活動又は報酬を受ける活動
(後略)

 当事務所へのお問合わせ・ご相談はお気軽に。
お問合わせはこちら