人手不足 外国人介護人材による訪問介護解禁へ

経済連携協定, 介護福祉士, フィリピン, インドネシア 時事
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016080500036&g=eco

 経済連携協定(EPA)にに基づき、ベトナム、フィリピン、インドネシアから来日し、一定の経験を国内で積んで介護福祉士の資格を取得した者が対象となるようなので、「深刻な介護人材不足」を改善するという意味では解禁の程度が小規模に過ぎるような印象がある。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加