ロシア大使館に対して国籍取得手続をして日本国籍喪失 東京地裁

日本国籍喪失, 二重国籍 共同
http://this.kiji.is/119028140699451396?c=110564226228225532

 ロシア国籍法によると、夫婦の一方がロシア人で、他方が外国人の場合、当該夫婦の間に、ロシア国外で出生した子につき、当該出生によって当然にロシア国籍を取得するわけではないとする取扱い(外国籍との重国籍化を回避)がなされているところ、本件のように、本邦の市役所等で創設的な出生届出をして、その後に、本邦に存するロシア国公館等に対して、当該子の国籍取得手続やロシア国旅券取得の手続をすれば、まさに日本国国籍法にいう「自己の志望によつて外国の国籍を取得」したことになろう。現場の取り扱いとしては、日本国籍を失う場合がある旨の注意措置等もなされているようであり、そうすると、よほど特別な事情が存しない限り、当該ロシア国籍取得によって当該子の日本国籍が喪失したものとみるしかないだろう。

(国籍の喪失)
第十一条 日本国民は、自己の志望によつて外国の国籍を取得したときは、日本の国籍を失う。
(後略)




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加