最判 遺言書真正確認等、求償金等請求事件

自筆証書遺言, 遺言の全文, 日付及び氏名の自書, 押印 裁判所
最判 平成28年 6月 3日(PDF)

判旨:
我が国において、印章による押印に代えて花押を書くことによって文書を完成させるという慣行ないし法意識が存するものとは認め難い。花押を書くことは、印章による押印と同視することはできず、民法 968条 1項の押印の要件を満たさないというべきである。

民法 抜粋
(自筆証書遺言)
第九百六十八条 自筆証書によって遺言をするには、遺言者が、その全文、日付及び氏名を自書し、これに印を押さなければならない。
(後略)




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加