最判 価額償還請求上告、同附帯上告事件(相続の開始後認知によって相続人となった者が遺産分割を請求するときの価額算定の基準時)

相続, 遺産の価額算定の基準時, 死後認知 裁判所
最判 平成28年 2月26日(PDF)

判旨: 相続の開始後認知によって相続人となった者が他の共同相続人に対して民法 910条に基づき価額の支払を請求する場合における遺産の価額算定の基準時は、価額の支払を請求した時である。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加