国家戦略特区 起業する外国人の在留資格の規制緩和盛り込み

規制改革会議, 外国人による投資促進, 対日直接投資, 内国居住要件, 高度外国人材の活用 読売
http://www.yomiuri.co.jp/kyushu/news/20151015-OYS1T50010.html

 今春、在留資格「投資・経営」は「経営・管理」へと変更され、一部で規制が緩和された。元々の入口が狭かったから、ちょっとくらいこれを広げたところで、結局、現場が混乱しただけで、外国人による投資等において顕著な量的拡大があったような感じはしていない。「内国法人代表者の居住者要件の撤廃」も措置されたが、場当たり的で整合性を欠いているように思う。残念ながら、規制改革会議の意見がきちんとワークしていないような印象がある。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加