偽造在留カードの所持・行使が横行

外国人犯罪, 不法残留, コンプライアンス, 不法就労, 偽造在留カード, 犯罪インフラ 岐阜
http://www.gifu-np.co.jp/news/kennai/20150820/201508201014_25549.shtml

 中国の SNS経由で発注し、ブローカに「5万円と顔写真を渡」すと、「約 2週間後」に「中国から国際スピード郵便(EMS)で」偽造在留カード等が届くもよう。職質を徹底実施すれば一定の効果を見込むことはできようが、同じ鎌で刈られる正規在留者はたまったものではない。偽造の本拠が外国にあるため、現状では、有効な打開策はないように思う。