DDos攻撃で摘発された事例

コンプライアンス, サイバー犯罪, 電子計算機損壊等業務妨害, 分散型サービス妨害 NHK
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150724/k10010164501000.html

 集中的に大量のデータを送りつけて特定のサーバに通信障害を引き起こす「DDos攻撃」で、初めて逮捕者が出た、と。

刑法 抜粋
(電子計算機損壊等業務妨害)
第二百三十四条の二 人の業務に使用する電子計算機若しくはその用に供する電磁的記録を損壊し、若しくは人の業務に使用する電子計算機に虚偽の情報若しくは不正な指令を与え、又はその他の方法により、電子計算機に使用目的に沿うべき動作をさせず、又は使用目的に反する動作をさせて、人の業務を妨害した者は、五年以下の懲役又は百万円以下の罰金に処する。
2 前項の罪の未遂は、罰する。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加