まちなかの国際化

インバウンド, 訪日外国人 流通ニュース
http://ryutsuu.biz/topix/h061610.html

 「やよい軒」が、券売機を 4か国語対応にするそうだ。

 先日のこと。当職は、やよい軒で遅い昼食にありついた。しばらくすると、旅行者らしき外国人が数名来店。券売機のところでだいぶ思案している。彼らはやっと席について、何やら日本語交じりの英語で店員とやりとりしているようなのだが、これがまったく伝わらない様子。そりゃそうだ。注文を聞いているバイト店員の日本語がかなり怪しいんだもの(^_^; 街中では国際化がどんどん進んでいるのである。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加