平成26年の「不正行為」について

外国人技能実習制度 法務省
平成26年の「不正行為」について(PDF)

 平成26年に「不正行為」を通知した機関は 241機関、すべて団体監理型で,監理団体が23機関、実習実施機関が 218であった。

 不正行為とは: 適正な技能実習の実施を妨げる行為で、技能実習生に対する暴行や脅迫、旅券または在留カードのとり上げ、賃金不払い、保証金の徴収、技能実習計画との齟齬、行方不明者の多発等をいう。