EPAに基づく外国人看護師候補者・護福祉士候補者の合格状況

経済連携協定, フィリピン, インドネシア 厚生労働省
第 104回看護師国家試験における経済連携協定(EPA)に基づく外国人看護師候補者の合格者数と受入施設名を公表します
第27回介護福祉士国家試験における EPA介護福祉士候補者の試験結果

 看護士の合格率は7.3%(前年 10.6%)と低迷。一方、介護福祉士では 44.8%(前年 36.3%)と大幅に上昇した。
 もっとも、受験者全体では、看護士の合格率は 90.0%であり、護福祉士では 61.0%であるところをみると、外国人の受験については根本的なところから見直さないと、越えるべき「日本語の壁」はあまりに高く厚いということであろうか・・・




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加