治安の回顧と展望(平成26年版)

不法入国・不法滞在事犯, 犯罪インフラ, 不法残留, 集団密航, 地下銀行 警察庁
治安の回顧と展望(平成26年版)(PDF)

 入国管理局との合同摘発や集中取締りを積極的に推進し、平成26年中に来日外国人に係る入管法違反の送致人員と同法第65条による入国警備官への引渡し人員の合計は 3,887人となった(暫定値)とする一方で、(1)偽造技術の向上により精巧な各種偽造証明書の市中への出回り、(2)偽装結婚等により正規滞在者を装って滞在する偽装滞在者の増加、(3)退去強制歴のある者が、指先を刃物で傷つけるなど指紋を偽装して入国した事案の発生、などの懸念を指摘している。