第 6次出入国管理政策懇談会報告書「今後の出入国管理行政の在り方」等について

第6次出入国管理政策懇談会報告書, 経済社会の活性化のための外国人の受入れ, 人口減少社会における外国人受入れの検討, 留学生の受入れ推進, 技能実習制度の見直し, 共生社会の実現に向けた取組, 観光立国実現に向けた取組, 不法滞在外国人縮減のための取組, 難民認定制度に関する検討 法務省
第 6次出入国管理政策懇談会報告書「今後の出入国管理行政の在り方」等について

 「人口減少社会における外国人受入れの検討」に関して、積極・慎重それぞれの意見があったとしながらも、非専門的・技術的分野での外国人受入れについて政府全体として早急に検討が開始されるべきである、とした。

 「技能実習制度の見直し」に関しては、確実な技能等の修得・移転を図る措置、帰国後のフォローアップ、監理団体による監理の適正化、公的機関による監視体制の強化、送出機関の適正化、技能実習生に対する人権侵害行為への対応強化等が必要であるなどとする一方、実習期間延長や受入人数枠増加等の制度拡充を図り、対象職種の追加も必要であるとした。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加