農協組合員農家を割増賃金未払いの不正行為で処分

外国人研修・技能実習制度, コンプライアンス 茨城新聞
http://ibarakinews.jp/news/newsdetail.php?f_jun=14088896250821

 記事では、「深刻な担い手不足を抱える地元農業は、外国人技能実習生の労働力なしでは成り立たないのが実情」とある。しかし、我が国の国際協力・国際貢献として、技能等の移転を図ることを通じて技能実習生の出身国の経済発展を担うべき人材育成をしようとするのが制度の趣旨である。経営に余裕のない受入機関に対して技能実習生を受入れさせることは、根本的におかしいのではないか。