来日外国人犯罪の検挙状況(平成26年上半期)

来日外国人犯罪の検挙状況, 犯罪インフラ 警察庁
来日外国人犯罪の検挙状況(平成26年上半期)(PDF)

 平成26年上半期の来日外国人犯罪(刑法犯・特別法犯)の総検挙数は 7,418件(前年同期比9.4%増)、総検挙人員は 5,096人(同12.0%増)となった。
 総検挙状況を国籍別にみると、中国(構成比35.6%)、ブラジル(同14.9%)、ベトナム(同14.1%)、韓国(同 6.5%)、フィリピン(同 6.0%)。総検挙状況を国籍別にみると、中国(構成比41.2%)、ベトナム(同13.6%)、韓国(同 7.7%)、フィリピン(同 7.6%)、ブラジル(同 4.3%)となっている。