不法就労助長で人材派遣会社の代表者摘発の事例

不法就労助長罪, コンプライアンス, 新しい在留管理制度, 平成21年改正入管法 NHK
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140728/t10013342631000.html

 捜査機関のガサ入れ時に 200人ほどの外国人が不法に稼働していたというからかなり規模が大きい。

 事業の発展・継続にはコンプライアンス経営が肝心。事業主等は、外国人を雇用するときは、事前に「在留カード」の記載をきちんと点検して、就労可能かどうかを確認してほしい。

 お問合わせ・ご相談はお気軽に。

お問合わせはこちら