最決 戸籍訂正許可申立て却下審判に対する抗告棄却決定に対する許可抗告事件

性同一性障害者特例法, GID, 嫡出

裁判所
最決平成25年12月10日

決定要旨: 性同一性障害者の性別の取扱いの特例に関する法律 3条 1項の規定に基づき男性への性別の取扱いの変更の審判を受けた者は、以後、法令の規定の適用について男性とみなされるため、民法の規定に基づき夫として婚姻することができるのみならず、婚姻中にその妻が子を懐胎したときは、同法 772条の規定により、当該子は当該夫の子と推定される。

 スッキリとした判断であると思う。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加