明石市 嫡出か否かの欄を削除した出生届出書を導入

非嫡出子, 婚外子

神戸
http://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/201310/0006385295.shtml

 これって、気持ちは分かるけど、事実だとすると戸籍法施行規則に違反していると思う。少々先走りが過ぎるのでは・・・

戸籍法施行規則 抜粋
第五十九条 出生の届書は、附録第十一号様式に、婚姻の届書は、附録第十二号様式に、離婚の届書は、附録第十三号様式に、死亡の届書は、附録第十四号様式によらなければならない。

追記: 10/3(木) 10:00
 所轄の法務局に聞いたところ、やはり、違法の可能性があるという認識のようだ。
 一方、明石市に聞いたところ、今のところ、独自様式で届出をした者はいないようで、今後、独自様式で届け出をする者があった後に法務省から指導が入るようなことになった場合には、届出人等に迷惑をかけないように明石市が責任をもって対処する、とのことであった。

追記: 10/4(金) 10:30
神戸
www.kobe-np.co.jp/news/shakai/201310/0006391786.shtml

 法務局が、明石市役所に対し、是正指導したようだ。

追記: 10/9(水) 8:30
法務省
法務大臣閣議後記者会見の概要 平成25年10月4日(金)

 「神戸地方法務局長において明石市長に対し、関係法令を遵守して、法務省令の定める出生届書の様式により適正に処理するよう指示した」と。「法律で極めて重要なことは、要するにプロセスをきちんと踏んでいくということです。手順・段取りをきちんと踏んでいくということが大事です」とも。「法治」の基本である。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加