名古屋高判 退令発付処分取消等

入管法, 退去強制処分, 入管法49条 1項に基づく異議の申出

裁判所
名古屋高判平成25年06月27日(PDF)

 A規約12条を厚く引くなど、とても丁寧に判断している印象を受ける。

判示事項の要旨
 韓国国籍を有する外国人女性である控訴人が、在留期限を超えて我が国に残留したことから、入管入国審査官から、入管法所定の退去強制事由に該当する等の認定を受けた後、入管特別審理官から、上記認定に誤りがない旨の判定を受けたため、入管法49条 1項に基づき、法務大臣に対して異議の申出をしたところ、法務大臣から権限の委任を受けた裁決行政庁から、異議の申出には理由がない旨の裁決を受け、入管主任審査官から、退去強制令書発付処分を受けたところ、被控訴人は、再発率や死亡率の高い稀な疾患である胸腺がんに罹患し、その治療のため、これまで治療を受けてきた病院で引き続き経過観察や治療を受ける必要があり、在留特別許可が与えられるべきであるなどとして、本件裁決及び本件処分の取消しを求め、それらの取消しが認められた事例。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加