無免許・無許可営業および入管法違反等で摘発の事例

美容師法, 美容師免許, 理容師法, 理容師免許, 風俗営業, 無許可資格外活動, 不法就労助長

毎日
http://mainichi.jp/area/iwate/news/20130731ddlk03040077000c.html

時事
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2013073100932

 上の 2件、業種は違うものの、いずれも「需要があるから、てっとりばやくチャチャッと稼ぎたい」というたいへんコンプライアンス精神に欠ける事案である。

 母国にだって営業に関する法規制くらい普通にあるだろう、「法の不知」など言い訳にはならない。外国人の無許可資格外活動への幇助や不法就労助長については、なおさらだ。

 経済活動をするのは大いに結構だし、どんどん稼いでどんどん税金を払って欲しい。もっとも、日本では、とにかく、「手続」が重要であることを認識してほしい。遵法精神を発揮して、きちんと「手続」してから、大いに稼げばよろしい。営業許可等については、営業に着手する前に早めに相談してほしい。

 お問合わせ・ご相談はお気軽に。

お問合わせはこちら