性同一性障害 渉外的要素を含む性別の取扱いの変更の申立て

事務所日誌, 性同一性障害者性別特例法, GID

 大恩師・大島俊之先生から、困っていらっしゃるので手伝ってあげなさいとお電話をいただいて、国籍変更等のために若干複雑化している「性別の取扱いの変更の申立て」をお手伝いした。当職は申立ての代理をすることはできないので、法定要件を立証するための資料の準備をサポートしたり、家庭裁判所に出かけてお話をうかがったり、申立てに同行したり、と。

 結果、申立人はご希望どおりに変更審判を受けることができ、とても喜んでいただけた。

 当職は、大学・大学院で大恩師からご指導いただいた経緯があって「性同一性障害者の性別の取扱いの特例に関する法律(GID特例法)」にはなじみがあるのだが、これは本当に「たまたま」で。世の中には、結構ニッチな法務のニーズがあるのだなと思った。

 ともかく、お役にたててよかったと思う。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加