不法就労助長容疑で摘発の事例 栃木県警

不法就労助長罪, コンプライアンス, 新しい在留管理制度, 平成21年改正入管法

産経
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/130425/crm13042512410005-n1.htm

 近時、不法就労助長容疑の摘発が相次いでいる。その摘発によって、経営者が許認可の欠格事由等に該当してしまい、その結果、事業継続が難しくなるおそれがあることを、経営者は肝に命ずべし。

 事業主等は、外国人を雇用するときは、事前に「在留カード」の記載をきちんと確認してください。

 お問合わせ・ご相談はお気軽に。

お問合わせはこちら