最決 離婚後における子との面会交流拒否に対する間接強制

面会交流, 親族相盗例

裁判所
最決平成25年03月28日 平成24(許)41(PDF)、平成24(許)48(PDF)

判示事項の要旨:
 監護親に対し非監護親が子と面会交流をすることを許さなければならないと命ずる審判において、面会交流の日時又は頻度、各回の面会交流時間の長さ、子の引渡しの方法等が具体的に定められているなど監護親がすべき給付の特定に欠けるところがないといえる場合は、上記審判に基づき監護親に対し間接強制決定をすることができると解するのが相当である。

最決平成25年03月28日 平成24(許)47(PDF)

判示事項の要旨:
 非監護親と監護親との間で非監護親と子が面会交流をすることを定める調停が成立した場合において、調停調書に面会交流の日時又は頻度、各回の面会交流時間の長さ、子の引渡しの方法等が具体的に定められているなど監護親がすべき給付の特定に欠けるところがないといえるときは、間接強制を許さない旨の合意が存在するなどの特段の事情がない限り、上記調停調書に基づき監護親に対し間接強制決定をすることができると解するのが相当である。





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加