震災から18年

事務所日誌

 入国管理局へ行く途中、いつも東遊園地の「希望の灯り」の前を通る。普段は静かだが、今日は「1.17」なのでたくさん人が集まっていた。あれからもう18年か、月日の経つのは実に早い。

 「希望の灯り」の前に立って震災直後のことをいろいろと思い出した。当事務所は震災の年の春にスタートした。当時の気持ちを忘れないように、これからも事件ひとつひとつをたいせつに事務処理していきたいと思いをめぐらせた。

阪神淡路大震災, 希望の灯り

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加