最判 成年後見人に親族相盗例の適用なし

成年後見, 親族相盗例

裁判所
最判平成24年10月09日(PDF)

判示事項の要旨:
1. 家庭裁判所から選任された成年後見人が業務上占有する成年被後見人所有の財物を横領した場合、刑法 244条 1項は準用されない。
2. 家庭裁判所から選任された成年後見人が業務上占有する成年被後見人所有の財物を横領した場合、成年後見人と成年被後見人との間に刑法 244条 1項所定の親族関係があることを量刑上酌むべき事情として考慮するのは相当ではない。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加