兵庫県 分煙設備整備 助成制度

兵庫県分煙設備整備事業, 受動喫煙防止措置の促進, 助成制度, 補助金

 兵庫県は、平成24年 3月に「受動喫煙の防止等に関する条例」を制定し、施設管理者が受動喫煙防止措置を講じることとした。これについて、中小企業者である飲食店や宿泊施設の施設管理者に対し、施設の改修経費の負担を軽減するための助成制度を実施する。

分煙設備整備事業:

対象者:
ア) 宿泊施設(玄関帳場に隣接するロビーの面積が100平方メートルを超えるもの)を営む者であって、中小企業信用保険法 2条 1項に規定する中小企業者(資本金の額または出資の総額が 5千万円以下の会社または常時使用する従業員の数が 200人以下の会社若しくは個人)に該当する者
イ) 飲食店(客室の面積が 100平方米を超えるもの)を営む者であって、中小企業信用保険法 2条 1項に規定する中小企業者(資本金の額または出資の総額が 5千万円以下の会社または常時使用する従業員の数が50人以下の会社若しくは個人)に該当する者

対象経費: 喫煙室の設置、または、間仕切り壁の設置等、区域分煙措置を講ずるために必要な既存施設の改修に要する経費

補助率: 2分の1

補助金額: 2,500千円を上限とし、予算の範囲内

補助対象工事費の上限: 5,000千円

参考: 兵庫県 受動喫煙の防止等に関する条例(PDF)
   受動喫煙の防止等に関する条例の概要(PDF)
   受動喫煙の防止等に関する条例における規制内容(PDF)

 当事務所では、兵庫県の分煙設備整備事業にかかる補助金請求事務をお手伝いしています。お問合わせ・ご相談はお気軽に。

お問合わせはこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加