森林の土地の所有者届出制度

森林の土地の所有者届出制度, 森林の土地所有者届出, 森林法

林野庁
森林の土地の所有者届出制度について

 案内が回ってきた・・・周知が進んでいないのかな?

 森林法の改正により、平成24年 4月以降に森林の土地の所有者となった者は90日以内に市町村長への届をしなければならない。
 (注 1) 届出懈怠等には、過料の罰則がある。
 (注 2) 面積の基準がないので、面積が小さくても届ける必要がある。
 (注 3) 登記の地目によらない。現況が森林なら届ける必要がある。
 (注 4) 相続の場合は遺産分割未了でも、相続開始から90日以内に届ける必要がある。

 参考: 森林の土地の所有者となった旨の届出制度の運用について(PDF)

森林法 抜粋
(森林の土地の所有者となつた旨の届出等)
第十条の七の二 地域森林計画の対象となつている民有林について、新たに当該森林の土地の所有者となつた者は、農林水産省令で定める手続に従い、市町村の長にその旨を届け出なければならない。ただし、国土利用計画法(昭和四十九年法律第九十二号)第二十三条第一項 の規定による届出をしたときは、この限りでない。
(後略)
第二百十四条 第十条の七の二第一項の規定に違反して、届出をせず、又は虚偽の届出をした者は、十万円以下の過料に処する。

 お問合わせ・ご相談はお気軽に。

お問合わせはこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加