外国人登録証明書が在留カードであるとみなされる期間

新しい在留管理制度, 平成21年改正入管法

 新しい在留管理制度導入後、すぐに在留カードに切換える必要はありません。改正入管法の施行期日・平成24年(2012年) 7月 9日の時点で、新しい在留管理制度の対象者が外国人登録証明書を所持しているときは、一定の期間はその外国人登録証明書を在留カードとみなすこととなります。

 もっとも、外国人登録法が廃止された影響で、外国人登録証明書の身分証明書としての機能を認めないことにした機関等があるようです。現に外国人登録証明書を所持している者も、在留カードへの切換えを求めることはできますので、必要に応じて在留カードへの切換えを考えてみてもよいでしょう。

 当事務所では、在留カード交付申請を取次・サポートしています。お問合わせ・ご相談はお気軽に。

お問合わせはこちら



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加