外国人の偽僧侶が訪日外国人観光客を狙って数珠やお札を販売するなどして無許可の資格外活動の嫌疑で摘発された事例

外国人の偽僧侶が訪日外国人観光客を狙って数珠やお札を販売するなどして無許可の資格外活動の嫌疑で摘発された事例

NHK  罰当たりというか、ロクなことしよらんな(-_-;  「短期滞在」の在留資格で就労活動をしているから無許可の資格外活動ではあるし、記事にあるように僧侶の格好をして「寺の建立を支援してほしい」と表示されたカードをみせて相手方を欺罔し、それを信じた相手方が偽僧侶に金銭を交付してい・・・

不法就労助長事件など 「略式不相当」相次ぐ

不法就労助長事件など 「略式不相当」相次ぐ

読売  公開の正式裁判になると、不正が詳細に表沙汰になって、ブランドが毀損され売上が減少する、ますます人材が集まらなくなる、取引先が離反する・・・など、安易に「楽な経営」に流れていると、企業価値が大きく傷つくことになる。経営者の責任を追及する株主代表訴訟などにもつながりかねない。記事と・・・

だまされて日本へ渡航 在ベトナム日本大使館が通報を呼びかけ

だまされて日本へ渡航 在ベトナム日本大使館が通報を呼びかけ

在ベトナム日本大使館 日本への留学、技能実習を希望される皆様へ  働きながら勉強することができるとそそのかす留学エージェントや、法外な手数料や違法な保証金を搾取する送出機関などにだまされて多額の借金を背負って日本へ渡航してしまうトラブルが発生している。そこで、在ベトナム日本大使館が、これ・・・

留学生が組織的な万引きで摘発された事例

留学生が組織的な万引きで摘発された事例

毎日  「司令塔」が外国にあって「帰国者」を運び屋に仕立てる流れは、技能実習終了者による携帯電話の詐取とほぼ同じ手口である。  このような犯罪組織はいくつもあるだろうし、外国にある本尊が摘発される可能性は低いし、悪銭をよく稼ぐことができるだろうから、いくら末端を摘発してもこの種の犯罪・・・

留学生総数 3万人増

留学生総数 3万人増

日本学生支援機構 平成28年度外国人留学生在籍状況調査結果 平成28年度 外国人留学生在籍状況調査結果(PDF)  平成28年 5月 1日現在の留学生数は 239,287人(前年比 14.8%増)となった。構成は、中国 41.2%、ベトナム 22.5%、ネパール8.1%、韓国6.5%、・・・

パワハラ認定 385万円賠償命令 金沢地裁

パワハラ認定 385万円賠償命令 金沢地裁

産経  裁判所は、加害者側に「いやがらせ行為」があったことは認定したものの、「内部告発との因果関係については言及しなかった」ようだ。勤務先に対しては、パワハラを認識していたにもかかわらず「環境改善に具体的な対応をしていたとはいえない」と判断したもよう。

外国人が、在外日本人になりすまして日本国旅券の発給を受けて不法に本邦に入国・在留し、不正に住民登録などを行った上で国民健康保険証を詐取したなどという嫌疑で摘発された事例

外国人が、在外日本人になりすまして日本国旅券の発給を受けて不法に本邦に入国・在留し、不正に住民登録などを行った上で国民健康保険証を詐取したなどという嫌疑で摘発された事例

産経  めずらしい摘発事例で、大阪府警のお手柄。もっとも、被疑者の容姿が血統的な日本人風であればなかなか露見しそうにも思われないので、ブローカの関与などもあるようだから、本件などは氷山の一角に過ぎないのであろうと思われる。本件は、目的の違いはあろうが、「戸籍ロンダリング」や「背乗り」な・・・

訪日外国人向けの性風俗店において留学生を働かせたなどとして経営者らが不法就労助長の嫌疑で摘発された事例

訪日外国人向けの性風俗店において留学生を働かせたなどとして経営者らが不法就労助長の嫌疑で摘発された事例

産経  留学生を働かせたというにとどまらず、在留資格「短期滞在」で上陸した外国人女を繰り返し働かせるなどしていたようだ。  留学生は、アルバイトをするための資格外活動許可をえていても、風俗店で稼働することは許されていない。 入管法 抜粋 (活動の範囲) 第十九条 別表第・・・

留学生に強制労働をさせたとして日本語学校などを経営する法人と経営者らが摘発された事例

留学生に強制労働をさせたとして日本語学校などを経営する法人と経営者らが摘発された事例

西日本  留学生との間で、日本語学校に通いながら介護施設などで働くという「留学」と「労働」が一体となった契約を締結し、賃金から入学金や授業料などを控除するほか、退学すると留学生が違約金を支払わなければならない設計にして、留学生を強制的に就労させていた嫌疑があるようだ。 労働基・・・

外国人が、外国人との間に子をもうけたにもかかわらず、子に日本国籍を取得させ、ひいては自らも在留資格を取得する目的で、子の父が日本人であるとして虚偽の出生届出をしたとして摘発された事例

外国人が、外国人との間に子をもうけたにもかかわらず、子に日本国籍を取得させ、ひいては自らも在留資格を取得する目的で、子の父が日本人であるとして虚偽の出生届出をしたとして摘発された事例

毎日  子のインチキの日本国籍を踏み台にして、外国人親が在留資格を取得しようとする試みである。  「偽装出生」は摘発が難しい。本件は、どのようにして犯罪事実が露見したのであろうか・・・「壁に耳あり、障子に目あり」ということかな。

平成28年入管法改正について

平成28年入管法改正について

法務省入国管理局 平成28年入管法改正について  在留資格「介護」の創設: 介護福祉士の資格を有する外国人が介護施設等との契約に基づいて介護(または介護の指導)の業務に従事するための在留資格が新設された。  偽装滞在者対策の強化: 偽装滞在者に係る罰則を整備、在留資格取消制度を強化した・・・